黒にんにくサプリ 人気

白にんにくと黒にんにく

 

 

みなさんは「にんにく」が健康に非常に役に立つ食品であるということは、すでにTVや雑誌などで何度も紹介されているのでご存じですよね?
「にんにく」が疲労回復や滋養強壮によく効くということもたくさん紹介されてきました。

 

既にご存知のことも多いかと思いますが、ここで「にんにく」の効果・効能についてのおさらいをしてみましょう。

 

「にんにく」はさすがに生で食べることはないですよね?

 

ですが、にんにくの効果・効能を発揮するためには「にんにく」は調理することがとても大事なのです。

 

調理と言っても、すりおろしたり切ったりするだけで「にんにく」の有効成分「アリシン」に変化することになります。「にんにく」の効果・効能に不可欠なになってくるのが、このアリシンを中心としたイオン化合物なのです。

 

この成分が体内で活躍してくれるのです。

 

具体的な例として強力な抗菌・殺菌・解毒作用、体内でビタミンB1の吸収を促し、更にビタミンB1をし血液中に貯蔵するようにできます。
体調を不調になる原因の一つとされる活性酸素を除去するという抗酸化作用があります。

 

ドロドロ血液の原因になる過酸化脂質や血栓をできにくくする事で血液サラサラにする効果が期待できます。

 

血管を広げる効能と血圧を下げる成分も含まれているので、高血圧の人にはぜひ摂取することをおススメします。

 

血液サラサラ効果と血管を広げる効能が併せ持つことにより、抹消血管まで血液が行きわたり、冷え性の人は身体がポカポカすることも実感できます。

 

  1. 血栓をできにくくする
  2. 高血圧の人にはぜひ摂取
  3. 腸内の悪玉菌を殺す
  4. 抹消血管まで血液が

 

腸内の悪玉菌を殺すことで、整腸作用や腸の蠕動運動を活発にする働きもありますから便秘予防にも効果が期待できます。抗酸化作用により、体内の活性酸素を除去することで、体調不調だけでもなく身体の老化防止に役立ちアンチエイジング効果もあります。

 

黒にんにくについて

 

 

数年前から普通の「にんにく」を高温・高湿の環境に長時間にわたり熟成させることにより、発酵し、これがふつうの「にんにく」とは違う別物に変化するものです。

 

にんにくを熟成・発酵させることにより普通のにんにくとは色、味なども違うものになります。こちらも具体例として

  • にんにくの身の部分だけが黒く変色する。これは同時にポリフェノールが増えることにもなる。
  • にんにく独特の匂いが軽減される。
  • そのまま、生で食べることができ、しかも甘くプルーンのような味になる。
  • 普通のにんにくよりも「抗酸化作用」「免疫力」

 

普通のにんにくと黒にんにくについて

 

上記に記したように、普通の白い「にんにく」だけでも、身体にとってはいいことずくめですが、いくら身体に良いのが分かっていても毎日食事でとるのには、料理方法や食後から翌日まで続くあの匂いを敬遠してしまいます。

 

「にんにく」の効果・効能のために毎日続けたい人は」「黒にんにく」の摂取をお勧めします。

更新履歴